【節約】1人暮らしは何アンペアが最適?決め方・計算方法を紹介

【節約】1人暮らしは何アンペアが最適?決め方・計算方法を紹介

どうも、みくろです。

・これから一人暮らしをするけど、何アンペアで契約したらいいのか分からない
・電気代が気になってるから、アンペア数を下げたいけど適正アンペアが分からない

上記のような疑問を持った方は、多いのではないでしょうか?

当記事では「1人暮らしの適正アンペア数や決め方、アンペア数の計算方法」など、まとめて紹介していきます。

適切なアンペア数の決め方

適切なアンペア数の決め方

アンペア数を決める際は、同時に利用する家電の多さが重要。

なぜなら、契約したアンペア数が低いと複数の家電を同時に利用した際に、ブレーカーが落ちる可能性があるからです。

つまり、20アンペアで契約した場合、

・冷蔵庫(2A)
・電子レンジ(15A)
・こたつ(6A)

上記を同時に利用してしまうと、合計23アンペアに達してしまいブレーカーが落ちるということですね。

ですので、あなたが最も家電を利用する時間帯・季節を割り出し、家電のアンペア数を計算することが大事になります。

主な家電のアンペア数は、以下の通り。

家電 アンペア数
電子レンジ 15
アイロン 14
トースター 13
食洗器 13
ドライヤー 12
炊飯器 12
掃除機(強) 10
エアコン 7.5
こたつ 6
冷蔵庫 2.5
洗濯機 2
テレビ 2
掃除機(弱) 2
照明 1
デスクトップPC 1

メーカーによってアンペア数は上下しますが、大体はこんな感じですね。

上記を目安に計算しながら、契約するアンペア数を決めていくのが良いでしょう。

家電のアンペア数を求める方法

一般的な家電のアンペア数を紹介しましたが、中には上記に該当しない家電を持っている方もいますよね。

ここからは、家電のアンペア数を求める方法を紹介します。

といっても、求める方法はとても簡単。

下記の公式に数字を当てはめればOKです。

家電の計算式
W(ワット)÷100V(ボルト)=A(アンペア)

例えば、僕の利用しているIH卓上クッキングヒーターが1000Wなので、

1000W(ワット)÷100V(ボルト)=10A(アンペア)

上記のような計算式になり、アンペア数は10Aとなります。

1人暮らしは何アンペアが最適?

1人暮らしには、何アンペアが最適なのか?

結論から言ってしまうと、1人暮らしの方なら30アンペアが最適です。

中には、20アンペアで契約しようと考えている方もいるかもしれませんが、これはオススメできません。

主な理由は下記に2つ。

・ブレーカーが定期的に落ちる
・ストレスがたまる

順に紹介していきます。

ブレーカーが定期的に落ちる

これは僕が20アンペアで生活して体感したことですが、20アンペアだとブレーカーが落ちることが多いです。

・照明
・冷蔵庫
・デスクトップパソコン

家にいるときは、上記の家電が常時ついている状態ですので、これにプラスして調理を行うと余裕で20アンペアを超えてしまいます。

特に、夏や冬などのエアコンを利用する季節は要注意。

エアコンも機種によりますが、7.5アンペアは使用するため、よりブレーカーが落ちやすくなります。

はっきり言って「とことん節約したい!」という方以外は、20アンペアはオススメできません。

僕は素直に30アンペアに変えました。

ストレスがたまる

定期的にブレーカーが落ちるので、確実にストレスがたまります。

正直、たまにブレーカーが落ちるくらいなら、僕は20アンペアのまま我慢していました。

しかし、あまりにも落ちる頻度が高かったため「このままでは精神衛生上よろしくない」と判断し、思い切って30アンペアで契約しています。

20アンペアでも、ミニマリストのような方なら生活はできるでしょう。

ただ普通の一人暮らしをしている方には、少し厳しい感じがしますね。

20Aと30Aで電気代はどれくらい変わる?

20Aと30Aでは、どのくらい電気代が変わるのか気になりますね。

東京電力を例にして、20Aと30Aの電気代を紹介していきます。

10A 20A 30A 40A 50A 60A
基本料金 286円 572円 858円 1144円 1430円 1716円

こんな感じです。

20Aと30Aの差は286円。

年間で計算すると3432円になりますので、小さな金額ではありませんね。

しかし、よっぽど家電を使わない方以外は、ブレーカーが定期的に落ちる可能性大ですので、30アンペアをオススメしておきます。

結論:1人暮らしなら30アンペアにしよう

当記事では、1人暮らしの適正アンペア数を紹介しました。

結論として、僕の言いたいことはただ1つ。

1人暮らしするなら、素直に30アンペアにしておこうということです。

実際、僕は20アンペアで契約して生活していた過去がありますが、結構キツかったです。

「とことん電気代を節約したい!」という方以外は、20アンペアにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA