【放置しよう】洗い物をやりたくないときの3つの対処法と今後の対策!

【放置しよう】洗い物をやりたくないときの3つの対処法と今後の対策!

人間が生活していくうえで食器洗いは絶対に行わなければなりませんが、

「食器が溜まってるけど洗うのが面倒」

「そもそもやる気が出ない」

などなど、洗い物をやりたくないという気持ちになることって多いですよね?

検索エンジンで「食器洗い やりたくない」と検索しても「食洗機を買いましょう!」と紹介されていたりしますが、はっきり言ってそんな金があるなら苦労しないって話です。

ということ当記事では「洗い物をやりたくないときの3つの対処法と今後の対策」について紹介していきます。

食器洗いをやりたくないと考えている人は、ぜひご覧ください。

洗い物をやりたくないときの3つの対処法

洗い物をやりたくないときの対処法は、以下の通りです。

・旦那や子供に手伝ってもらう
・そのまま放置する
・家事代行サービスを利用してみる

順に紹介していきます。

旦那や子供に手伝ってもらう

もしあなたが主婦なのであれば、旦那や子供に手伝ってもらうのがオススメです。

もちろん、タダで手伝ってもらおうとすると嫌がられる可能性がありますので、お小遣い等の報酬を設けるのが良いでしょう。

子供の場合はお小遣いを貰える手段が限られているため、報酬さえ用意すれば喜んでやってくれると思います。

実際、僕が小学生のころは自分からお願いして食器洗いをやっていました。

「家族にお願いしてみる」というのは、食器洗いをやりたくない時には有効な手段だと言えるでしょう。

そのまま放置する

やる気が出ないのであれば、いっそのこと「洗い物をそのまま放置する」というもの手です。

「でもその洗い物どうするの?」と思うかもしれませんが、食器が溜まっていけば自ずと”やらないと不味い”という危機感に襲われるようになります。

つまり、自分が食器洗いをやろうと思うまで放置するという方法ですね。

いわゆる学生時代の夏休みの宿題と同じです。

学校明けの前日に終わっていない宿題を終わらせようと、必死に宿題に向き合った人は多いでしょう。

結局のところ、最終的に洗い物がゼロになれば良いわけで、今すぐやる必要なんてないんです。

やる気のあるタイミング、もしくはやらないといけなくなるまで放置でOKですよ。

家事代行サービスを利用してみる

「どうしても家事をやりたくない!」という人は、家事代行サービスを利用してみるのも良いでしょう。

家事代行とは文字通り外部スタッフに家事を代行してもらうサービスのことで、食器洗いはもちろん掃除から選択まで全てやってくれます。

それだけではありません。

契約時間内であれば、普段の買い物から料理まで全て代行してくれます。

食洗機よりも価格がリーズナブルですし、面倒なときにちょっとだけ頼むのでしたら大きなコストは掛かりません。

スタッフを招き入れるのに抵抗がない方は、利用してみる価値は全然あると思います。

近年、家事代行サービスは増えてきていますが、運営歴が長くて安心感があるのは「CaSy」ですね。

スマホから簡単に依頼できますし、初回限定のお試しプランを用意されてるためお得です。

家事代行サービス「CaSy」の公式サイトはこちら↓



まずは洗い物をする時間を減らそう

そもそも食器洗いをやりたくないという気持ちが生まれるのは、洗い物する時間が長いからということが多いです。

洗い物が溜まっている=洗うのに時間が掛かる=やりたくない

このように洗い物が溜まっていることが要因の1つになっていますので、根本的な部分である洗い物を減らすことで”やりたくない”という気持ちを抑えることができます。

では、どうすれば洗い物を減らすことができるのか?

こちらについては、下記の記事で詳しく紹介していますのでぜひご覧ください。

【食洗器なし】ケチだけど確実に洗い物の水道代を節約する方法 【食洗器なし】ケチだけど確実に洗い物の水道代を節約する方法

食洗機は節約して浮いたお金で購入しよう

結局のところ、最終的に食器洗いを楽にするには食洗機が必要になってきます。

しかし、食洗機を買えるのであればこの記事にたどり着いていないでしょう。

それでも何とかして食洗機を買いたいという人は、節約して浮いたお金で購入するのがオススメです。

もしくは初期投資と思って購入するかですね。