【メリットの方が多い!】友達が少ない方が幸せである3つの理由とは

【メリットの方が多い!】友達が少ない方が幸せである3つの理由とは

「友達が少ない」という悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

しかし、はっきり言って友達が少ない方が人生は有意義なものになりますし、幸せに感じることの方が多いです。

皆さんは「友達が少ない=不幸」と結びつけていませんか?

当記事では、友達が少ない方が幸せである3つの理由を紹介しますので、友達関係で悩んでいる人はぜひご覧ください。

友達が少ない方が幸せである3つの理由

友達が少ない方が幸せである3つの理由は、以下のとおり。

・拘束される時間が少ない
・人間関係によるトラブルが少ない
・節約になる

順に紹介していきます。

拘束される時間が少ない

友達が多いと遊びに誘われる頻度が高くなりますが、友達が少なければ必然的に誘われる頻度が低下します。

つまり、友達に拘束される時間が少ないということですね。

拘束される時間が少ないということは、自分自身の時間を自由に使えるということでもありますので、大きなメリットであると言えます。

「いや、でも友達が多い方が賑やかだし楽しいよ…」と思う人もいるかもしれませんが、少し考えてみてください。

友達が多いと必ず「友達を繋ぎ止めるための遊ぶ時間」も確保しなければなりません。

もっと分かりやすく言うのであれば、疎遠にならない程度に遊ぶ時間を確保しなければならないということです。

友達関係を維持するために定期的に遊ぶのって、限りある時間の無駄遣いに近いですしストレスにもなります。

よって友達は少ない方が自由な時間が増え、人生の幸福度も増加するといえるわけです。

人間関係によるトラブルが少ない

友達が少なければ、人間関係のトラブルに巻き込まれる可能性が低くなります。

理由はとてもシンプルで、そもそも友達と会う頻度が低下するからです。

人の価値観や考え方はそれぞれ異なりますし、人間社会の中で暮らしていくとちょっとした小競り合いは避けられませんよね?

しかし、人との関わりが最低限になればトラブルも少なくなり、私生活でのストレスも軽減されます。

節約になる

友達が少ないとお金を使うことが少なくなるため、結果的に節約になります。

例えば、友達が多いと飲み会や交通費、冠婚葬祭費が多く掛かってしまいますよね?

友達が多ければ賑やかにはなりますが、それに比例してお金も掛かってしまいます。

もしかしたら、お金と友達を結びつけるのは良くないという意見もあるかもしれません。

確かに遊んでいて楽しい友達なら、有意義な時間になると思いますのでその意見も一理あるでしょう。

しかし、知り合いに毛が生えた程度の関係の人、親友と言えるレベルの関係の人など友達1つでも関係の深さは大きく異なりますよね?

知り合い程度の友達と遊んでも心の底から楽しいとは思えませんし、正直お金の無駄です。

友達が少ない方が本当に必要な友達が分かりますので、お金を無駄にすることもなくなります。

スポンサーリンク

友達が少ないデメリット

友達が少ない方が幸せとは言っても、もちろんデメリットもあります。

主なデメリットは以下の2つ。

・悩みを相談できる人が少ない
・同窓会に誘われにくくなる

順に紹介します。

悩みを相談できる人が少ない

1番大きなデメリットは、悩みを相談できる人が少ないということです。

生きていれば悩みの1つや2つは出てくると思いますが、いざという時に相談できる友達が少ないとやや心細く感じるかもしれません。

実際、僕もそういう経験があります。

とはいえ、友達が少なくても悩みを打明かすことができればいいので、親友と呼べる人がいることの方が重要と言えるでしょう。

同窓会に誘われにくくなる

友達が少ないと人脈が狭くなり、同窓会に誘われる確率が低くなります。

昔は葉書で同窓会の誘いが来るのが一般的でしたが、最近は同窓会専用のLINEグループやTwitterから同窓会の誘いがあるケースが増えています。

こうなると学生時代の友達が多くないと、誘いのメッセージが来ない確率も高くなってしまいますよね。

同窓会に参加する意思のある人は、学生時代の同級生と定期的にやり取りしておく必要があります。

友達が少ないと寂しくなるって本当?

よく「友達が少ないと寂しい思いをする」と言われますが、本当に寂しくなるのか?

結論からいうと、その人の性格や状況によります。

例えば、1人でいるのが好きな人は友達が少なくても寂しく感じることはないと予想できますよね。

もしくは何かに熱中している場合なども、寂しい思いをする可能性は低いと言えるでしょう。

結局のところ寂しいと感じるかどうかは、その人次第ということになります。

友達が少ないのは悪いことなのか?

友達が少ないの悪いことなのか?

これも気になる疑問の1つだと思いますが、結論から言うと全く悪いことではありません。

むしろ、本当に仲の良い友達とだけ遊べるのですから良いことだと思います。

世の中には「友達が多い=良い事」という風潮がありますが、万人に当てはまることではないため気にしなくてOKです。

友達は何人が理想?

これもその人の性格によりますが、僕は片手で数えられるくらいが調度良いと感じています。

十分にプライベートの時間を確保できますし、ほどよく友達と遊ぶこともできています。

自分の時間を十分確保できる程度にしておくのがベストですね。