【証拠画像あり】初心者Webライターとして月3万円を稼いだ話【副業】

どうも、大学生でwebライターをしている、みくろです。

2019年3月にwebライターを始め、ちょこちょこ稼いでいた僕ですが、ついに収益が3万円を突破しました。

「3万円だけかよ!」という声もありそうですが、僕にとっては大きな一歩です。

ということで、当記事では下記のことについて紹介します。

・3万円を稼いだことを証明する画像

・Webライターになるために登録したサイト

・執筆した記事のジャンル

・Webライターとして3万円を稼いだ感想・分かったこと

「Webライターに興味がある!」という方は、ご覧ください。

初心者Webライターとして月3万円を稼ぎました(画像あり)

繰り返しになりますが、2019年5月の収益が3万円を突破しました。

下記が実際の収益画像になります。

 

 

下の画像は6月の収益に含まれていますが、月末締めの案件ですので5月の収益です。

これを踏まえると、5月の収益は下記の通り。

23523+6843=30366円

3万円を超えましたね。

たった3万円ですが、今までアルバイトでしかお金を稼いだことがなかったので、とても嬉しいです。

Webライターになるために登録したサイト

Webライターをするために登録したサイト

僕が登録したサイトは、クラウドワークスランサーズのみ。

月10万~100万ほど稼いでいるプロライターさんも登録しているサイトですので、どちらも登録しておくことをオススメします。

登録が面倒な場合は、ライティング案件が豊富なクラウドワークスに登録しておきましょう。

サグーワークスの登録も考えましたが、案件が重複した場合、納品が遅れてしまう恐れがあったため諦めました。

スポンサーリンク

執筆した記事のジャンル

執筆した記事のジャンル

僕が執筆した記事のジャンルは、生活雑貨・ライフスタイル・アニメです。

理由はとても単純でして、

・好きなジャンルだったから

・生活するうえで身近なことだったから

・リサーチが簡単だから

こんな感じです。

3万円を稼ぐのに「これをやっとけ」というジャンルはありませんが、まずは自分が興味のあるジャンルに挑戦してみましょう。

Webライターとして3万円を稼いだ感想・分かったこと

Webライターとして3万円を稼いだ感想・分かったこと

Webライターとして3万円を稼いだ感想・分かったことを紹介します。

下記の順で紹介していきます。

・月3万円は初月からでも可能

・バイト&学校の掛け持ちでも稼げる

・子育て中の主婦でも稼げる

・就職以外の可能性を感じた

月3万円は初月からでも可能

僕が月3万円を達成して確信したことがあります。

それは月3万円であれば、Webライターを始めた初月からでも達成可能であるということ。

「いや、あなたは初月で3万円を稼げなかったんでしょ?」と思うかもしれませんが、これは僕自身が無駄なことをしていたからです。

というのも、僕はタスク案件ばかり受注していました。

タスク案件とは、アンケート形式の簡単な入力業務で完結してしまうような細かい手続きを不要とする案件のことです。

簡単に言ってしまうと、「誰にでもできる案件」ということですね。

しかも単価が低いものが多いので、1万円程度のお小遣いにしかなりません。

まずは、タスク案件から脱却することが月3万円を稼ぐコツです。

バイト&学校の掛け持ちでも稼げる

僕は現在、大学・バイト・Webライターの全てを掛け持ちして生活しています。

アルバイトは週3日ほど入れており、忙しい自慢をするつもりはありませんが、大学生の中では忙しい方だと思いますね。

こんな僕でも、家にいる時間で月3万円を稼げてしまっています。

子育て中の主婦でも稼げる

「子育てが忙しくて、パートとして働く暇がない」という方は、Webライターがオススメです。

パートで働く場合、定められた時間に定められた場所へ行く必要がありますが、Webライターには関係ありません。

家で子育ての合間に作業ができてしまいますよ。

また、クラウドワークスであれば主婦の方に向けた案件も豊富ですので、初心者でも挑戦しやすいというのもオススメしたい理由の1つです。

就職以外の可能性を感じた

現在の日本は、以下のような形で人生を送ることになります。

1.学校で教養を学ぶ

2.就職して定年まで働く

3.年金で生活

僕の脳内でもこれが普通でした。

しかし、Webライターを経験して就職以外の生き方もありなのかもしれない、、、と考えるようになりました。

現在、日本の年金制度と終身雇用制度は破綻してきています。

これは皆さんもご存知ですよね。

ならば、Webライターとして独立し、個人で稼いでいくという道もアリなのではないでしょうか?

「3万円稼いだ程度で何言ってんだ」と思うかもしれませんが、もっと稼ぐことさえできれば独立も夢ではありません。

まとめ

結局、この記事で何が言いたいかというと、「Webライターは稼げるぞ!」という事です。

下記に当てはまる人はWebライターを始めてみましょう。

・大学生で暇な人
・副業を始めたい社会人
・ちょっとしたお小遣いが欲しい主婦

ではでは、また次の記事でお会いしましょう。

クラウドワークスはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA