【継続余裕】節約初心者の家計簿が続かない4つの理由と対処法

【継続余裕】節約初心者の家計簿が続かない4つの理由と対処法

どうも!みくろです。

無駄な出費を把握できる家計簿。

節約や貯金をするために、始めた方は多いですよね。

しかし、家計簿をつけるのが面倒になっていき、挫折してしまう方も多いはず。

事実、僕は節約するために家計簿を始めたのですが、2週間しか続きませんでした。

家計簿をつけるのが大事だと分かっていても、やはり面倒に感じてしまうものです。

でもこれって、意外と簡単に解決する問題なんですよ。

少し意識を変えたり、家計簿のつけ方を変えてしまうだけで、簡単に長続きするようになります。

当記事では、僕の経験談を元に「節約初心者の家計簿が続かない4つの理由と対処法」について紹介していきます。

「家計簿を始めたけれど、長続きしなくて困っている!」という方は、ぜひご覧ください。

節約初心者の家計簿が続かない理由

節約初心者の家計簿が続かない理由

節約初心者の家計簿が続かない理由は、4つあります。

主な理由は下記の通り。

・市販の家計簿を使用している
・つけている費目が多すぎる
・明確な目標がない
・毎日つけている

順に紹介していきます。

市販の家計簿を使用している

以外かもしれませんが、市販の家計簿を利用している方は長続きしにくいです。

というのも、市販の家計簿はあらかじめマス目が用意されているため、「記入漏れのないようにつけなきゃ、、、」という使命感が働いてしまうのが原因です。

実際、僕が家計簿を始めた時は市販のものを利用していたのですが、2週間くらいで挫折してしまいました。

マス目が用意されているというのはメリットとも言えますが、デメリットにもなってしまうんですね。

家計簿は、「自分がどれだけ無駄な支出があるか」を確かめることができれば充分ですので、市販の家計簿のマス目をちまちま埋める必要なんてありません。

現在の僕は自己流のオリジナル家計簿ノートを利用して、支出を管理しています。

【3分で書ける】超簡単な1人暮らし「家計簿ノート」の付け方・書き方

もちろん、好き嫌いが分かれるとは思いますが、めんどくさがりの僕が継続してつけることが出来ている家計簿ノートですので、試してみる価値はあると思います。

「市販の家計簿を使っているけれど、長続きしないな」といる方は、ぜひ利用してみてください。

つけている費目が多すぎる

家計簿をつけている方の中には、ノートを利用している方もいると思いますが、つけている費目が多すぎると挫折する原因になります。

理由は非常に単純で、家計簿と向き合う時間が長くなって面倒になるからですね。

皆さんは「アレが娯楽費で、アレが食費、コレが、、、」みたいに、細かく費目を分けていませんか?

正直、これは面倒になるだけですので、辞めた方がいいです。

繰り返しになりますが、家計簿は無駄な出費を把握することができればOK。

多すぎる費目は逆に負担になります。

自分が浪費しがちな費目に絞ったり、費目を自分で決めるタイプの家計簿を選んだりすることで、継続して家計簿をつけることができるようになりますよ。

明確な目標がない

ここで1つ、皆さんに質問があります。

皆さんが家計簿をつける理由は何ですか?

明確な目標などはありますか?

この質問に答えられない場合、家計簿をつけても長続きしない可能性があります。

理由はとてもシンプルで、いざという時に踏ん張りがきかないから。

「あーあ、家計簿をつけるのが面倒だな」と思ったときに、目標に向けて頑張ろう!と踏ん張れるか否かで長続きするか決まります。

高校受験に向けて頑張る中学生と同じで、自分の決めた目標を思い出すようにするだけでかなり違いますよ。

明確な目標がない方は、家計簿をつける前に決めておきましょう。

・家族で旅行に行くために節約したい
・欲しいものがある
・将来が不安なので、貯金しておきたい

などなど、大きなことから些細なことまで、なんでもOK。

何か目標があるだけでも、継続する確率は上がってきます。

毎日つけている

個人差が出るところではありますが、家計簿を毎日つけている方は長続きしにくいです。

理由は費目が多すぎるのと同じで、つけるのが面倒になるから。

皆さんは家計簿をつける生活をしている中で、「今日も家計簿つけないとなぁ」と面倒に思ったことはありませんか?

恐らくですが、1度くらいは思ったことがありますよね。

家計簿をつけることが大切だと分かっていても、やはり面倒に感じるものです。

ですので、家計簿を付けるのは週末の夜にしましょう。

実際、僕は週末に家計簿をつけていますが、問題なく無駄な出費を把握できていますし、節約もできています。

家計簿と聞くと「毎日寝る前にコツコツつける」という印象が強いと思いますが、これはオススメできません。

家計簿というのは続かなければ意味がありませんし、毎日つけるのが面倒で辞めてしまったら、元も子もないですよね。

家計簿は週に一度くらいの頻度でOKです。

スポンサーリンク

家計簿が続かない場合の対処法

家計簿が続かない場合の対処法

では、家計簿が続かない場合はどうすればよいのか?

答えは非常にシンプルで、簡単につけられる家計簿を使用すればOK。

言い方を変えると、自分がつけていて苦にならない家計簿にすれば長続きします。

結論:簡単につけられる家計簿を使用すればOK

繰り返しになりますが、簡単につけられる家計簿を使用すれば長続きしやすいです。

例えば、

・費目の少ない家計簿
・自作のノート家計簿
・家計簿アプリ

このような家計簿は基本的に簡単です。

もちろん、先ほど紹介した「明確な目標を決める」ことや「週に一度つける」なども重要ですが、やはり簡単な家計簿を使用することが一番重要だったりします。

ただ、人によって何が簡単なのかは違いますので、家計簿アプリを試してみたり、使いやすいと評判の家計簿を実際に使ってみてください。

実際に使用することによって、自分に合った家計簿が分かってきますよ。

僕の場合は、市販の家計簿が面倒になって続かなかったので、自作のオリジナル家計簿を利用しています。

自分好みにカスタマイズできるのが魅力ですね。

逆に、「市販の家計簿の方が、簡単だし楽だよ!」と感じる方も世の中には絶対にいらっしゃいます。

くどいですが、いろいろな家計簿を試してみることで、自分に合った家計簿が分かってきますよ。

Excelの家計簿も使いやすい

個人的には、Excelを使用した家計簿もオススメ。

自作のノート家計簿と同じように自分好みにカスタマイズできますし、使いやすい家計簿を作りやすいです。

最近はExcelで家計簿をつける方が増えており、テンプレートを配布しているブログもあったりします。

主婦の方でもExcelを使ったことがある方は多いと思いますし、パソコンで気軽に家計簿をつけられるのは嬉しいのではないでしょうか?

Excelテンプレートを配布しているブログは、下記の通り。

ノマド節約術
ロゴログ
みのりた家の暮らし

こんな感じですね。

どのテンプレートも、その人の個性が出るので面白いです。

自分が使いやすそうなテンプレートを使用してみては、いかかでしょうか?

まとめ:家計簿を継続させて節約しよう!

当記事では、節約初心者の家計簿が続かない4つの理由と対処法を紹介しました。

家計簿は自身の無駄遣いを把握するためには、非常に便利な道具ですし、できるだけ長続きするようにしたいですよね。

当記事だ紹介した内容を実践すれば、苦労することなく家計簿が長続きするようになりますよ。

これから家計簿をつける方や長続きしなくて困っている方は、ぜひ当記事の内容を実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA