【まだ稼いでないの?】引きこもりでも稼げる在宅副業12選

【まだ稼いでないの?】引きこもりでも稼げる在宅副業12選

どうも!みくろです。

当記事では「引きこもりでも稼げる在宅副業」を紹介します。

近年、日本での生活は苦しくなる一方であるため、副業を始めようと考えた方は多いですよね。

で、どうせ副業をするなら、家から出なくてもできる副業の方がいいと思った方も多いのではないでしょうか?

当記事を読めば、自分に合った在宅副業を見つけることができますよ。

・引きこもりでも稼げる副業を知りたい
・自分に合った副業を見つけたい

上記のような悩みを持っている方は、ぜひご覧下さい。

引きこもりでも稼げるオススメ在宅副業

引きこもりでも稼げるオススメ在宅副業

引きこもりでも稼げる在宅副業は、大きく分けて12種類あります。

詳しくは下記の通り。

・Webライティング
・ブログ運営
・Youtuber
・情報商材
・電子書籍
・プログラミング
・イラスト作成
・LINEスタンプ
・せどり・転売
・翻訳
・ハンドメイド
・テープ起こし

順に解説していきます。

Webライティング

Webライティングとは、企業のwebサイトに掲載するコラム記事や個人ブログ記事を執筆する仕事です。

皆さんは何か困ったときに、googleで検索したことがありますよね?

その検索結果に表示されている記事の中には、副業としてWebライティングをしている人が執筆した記事もあるんです。

Webライティングと聞くと「なんだか難しそう、、、」「副業初心者にはちょっと、、、」と考えてしまいますよね。

もちろん、お金を稼ぐということは簡単なことではありません。

しかし、Webライティングは副業入門として超オススメしたい副業なんです。

理由はとても単純で、副業をしたことのない大学生の僕が月10万円ほど稼いでいるからです。

(稼いだ証拠も公開しています。詳細はこちらをどうぞ)

サラリーマンや主婦の方は副業できる時間が制限されますが、それでも月5万円は初心者でも稼げる現実的な金額ですよ。

言い方が悪くなりますが、引きこもりで家から出ない人なら尚更です。

また、初期費用0円で始められる点も魅力ですね。

副業としてWebライティングを始められるサイトは、下記の通り。

・クラウドワークス
・ランサーズ
・サグーワークス

こんな感じですね。

簡単に紹介していきます。

クラウドワークス

日本有数の大手クラウドソーシングサイト。

ライティング案件が豊富であるため、僕が最もよく利用するサイトです。

仮払い制度がありますので、報酬が支払われないという心配もありません。

ランサーズ

クラウドソーシングサイトの中では、最も歴史の古いサイトになります。

歴史が古いだけにユーザーが多く、安心感のあるサイトなのですが、ライティング案件はクラウドワークスに比べると少ない印象を受けました。

しかし、クラウドワークスで募集していない案件があったりしますので、登録する価値ありですよ。

初期費用なし

サグーワークス

2012年にサービスを開始したクラウドソーシングサイト。

報酬はポイントで加算され、1ポイント=1円で現金やドットマネーと交換できます。

ライティング案件はそこまで多くありませんが、現金以外のも交換先があるのは嬉しいですね。

ブログ運営

ブログ運営

初期費用が掛かってもいいのなら、ブログ運営がオススメ。

上手くいけば月10万~300万ほど稼げるため、個人で始められる副業の中では最高レベルの副業と言っても過言ではありません。

実際、有名ブロガーのマナブさんはブログだけで月300万円ほど稼いでいます。(ツイート参照)

稼げるようになるまで時間が掛かるため、挫折率・難易度も高い副業ですが、挑戦してみる価値はありますね。

ドメイン代とサーバー代を合計しても、1年で11000円前後。

1ヵ月で900円ほどしか掛からないため、コスパ最強です。

ブログで稼ぐ方法としては、下記の通り。

・アフィリエイト
・グーグルアドセンス

簡単に紹介しますね。

アフィリエイト

アフィリエイトとは成果報酬型広告のことで、ブログ内で紹介した商品が売れた場合、紹介料として報酬が支払われる仕組みになっています。

簡単に言うと、紹介屋さんのようなものですね。

アフィリエイト報酬はピンキリですが、1成約で10000円以上のものがありますので、挑戦してみる価値はあります。

グーグルアドセンス

グーグルアドセンスとは、Googleが提供する広告配信サービスです。

自身のブログに広告を貼り、ユーザーにクリックされたら報酬が支払われる仕組みになっています。

広告がクリックされるだけで収入を得られるため、商品を紹介するよりも簡単ですね。

Youtuber

Youtuber

HIKAKINやはじめしゃちょーでお馴染みのYoutuber。

トップレベルになると、億まで稼げるようになる夢のような副業ですね。

「Youtuberなんて、ごく一部しか稼げないでしょ?」と思うかもしれませんが、投稿した動画は一生稼ぎ続けてくれる資産になります。

もちろん、動画が伸びる保証があるわけではありません。

ただ、Youtuberは2020年以降も伸びる市場なので、挑戦する価値は十分あるはずです。

情報商材

情報商材

あなたが特定の分野に精通しているなら、情報商材を販売して稼ぐのがオススメです。

しかし、情報商材という言葉を聞いて、良い印象を抱いた方は少ないですよね。

多くの方が「なんだか怪しい」と思ったはずです。

これは、情報商材を利用した詐欺が横行したのが原因で、情報商材自体は全く怪しいビジネスではありません。

「○○するだけで月50万円を稼げる!」

「1日30分の作業で10万円!」

こういった言葉を聞くと、露骨に怪しいなと思いますよね。

これはお金稼ぎをテーマにした情報商材であるため、怪しく感じるんです。

情報商材とは、文字通り情報を商材にしたものですので、販売するのは情報になります。

つまり、下記も情報商材と言えますね。

「40歳の男性が3ヵ月で30キロ痩せた方法を教えます」
「現役ボディビルダーがオススメのプロテインを紹介します」
「好きな人との距離を縮めるLINE術を教えます」

自分の工夫次第で情報商材はいくらでも作ることができます。

情報商材を販売できる主なサイトは、下記の通り。

・ココナラ

・note
・インフォトップ

ココナラ

知識やスキルを販売できるオンラインマーケット。

ワンコイン価格でサービスを販売できるため、購入までのハードルが低いのが特徴です。

販売されているサービスは、イラスト作成やサイト作成、稼ぎ方のノウハウなど様々。

初心者でも気軽にサービスを出品できますので、まずはココナラから始めてみてはいかがでしょうか。

note

Web上で、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を公開できるサービスです。

ブログ感覚で気軽に作品を公開できるため、最近人気のサービスですね。

作品は有料で販売することができ、情報商材としても売ることができます。

要チェック

インフォトップ

アフィリエイトの総合ASP。

アフィリエイターが登録する機会が多いASPですが、自身の情報商材を登録・販売することができます。

noteやココナラに比べると、本格的に情報商材を売りたい人向けのサービスですね。

要チェック

電子書籍

電子書籍

自身のライティング能力に自信があるのなら、電子書籍の出版もオススメ。

昔は個人で電子書籍の出版なんて考えられませんでしたが、現在は無料で電子書籍の出版ができる時代です。

「夢の印税生活!」とまではいきませんが、一度出版してしまえば放置していても安定した収入を得られますよ。

電子書籍の出版できるサービスは、下記の通り。

・BOOK☆WALKER
・Kindle
・楽天Kobo

順に紹介していきます。

BOOK☆WALKER

KADOKAWA直営の電子書籍サイト。

個人が出版した書籍でも定期的に宣伝してくれるので、個人出版の第一歩としてオススメです。

要チェック

Kindle

Amazonでおなじみの電子書籍リーダー。

書籍の登録作業が面倒というデメリットがありますが、大手webサービス会社の運営しているため安心感がありますね。

要チェック

楽天Kobo

楽天が運営する電子書籍出版代行サービスです。

Kindleよりも手間がかからないため、楽天Koboから始めてみるのもありですね。

タイトル要チェック
スポンサーリンク

プログラミング

プログラミング

ごちゃごちゃした文字の羅列に抵抗がないなら、プログラミングも副業としてオススメできます。

「プログラミングなんて、専門学校で学ぶもの」

「数学が苦手だったし、未経験者は無理」

このような意見もあるとは思いますが、現在はTechAcademy [テックアカデミー]のようなオンラインプログラミングスクールが普及しているため、未経験者でも参入しやすいです。

また、オンラインスクールであれば、家から出ることなくプログラミングを学ぶことができますので、「わざわざ家を出て学校に通う、、、」なんてことにもなりません。

初期費用をかけたくない方は、ブログやYoutubeのプログラミング動画などから独学で学ぶという選択肢もあります。

学び方は多種多様ですので、自分に合った学び方を探してみてください。

プログラミングで稼ぐ方法としては、アプリケーション開発やWebサイト構築などが一般的で、クラウドソーシング等のサービスを利用して仕事を探していくことになります。

とはいっても、プログラミングができないと何も始まりませんので、まずは学習する方法から決めましょう。

イラスト作成

イラスト作成

絵を描くのが趣味の方は、イラストで稼ぐことをオススメします。

副業レベルであれば、ココナラやnoteでイラストを販売することになりますが、クオリティの高いイラストは5000円~10000円くらいで売れているのを目にします。

最近は、SNSのアイコンやブログアイコンを外注するケースが増えてきていますので、値段設定さえ間違えなければ稼げるチャンスの多い副業と言えるでしょう。

LINEスタンプ作成

LINEスタンプ作成

「LINEクリエイターズスタンプ」を利用すれば、個人でLINEスタンプを作成して販売することができます。

イラスト作成の一種ですね。

最近は、多くのスタンプが販売され飽和状態と言われていますが、競争率の低いジャンルで販売すれば稼ぐチャンスは十分あります。

確実に稼ぎたいなら、ココナラで「LINEスタンプ用のイラストを作成します」というサービスを販売しましょう。

未だにLINEスタンプを販売したいという方は多くいるため、絵の描けない人に需要があります。

せどり・転売

せどり・転売

「安く仕入れて高く売る」という昔からある手法ですが、現在も稼げる副業の1つです。

仕入れたらフリマアプリ等で売るだけですので、即金性が高いのが特徴ですね。

数年前は、ブックオフやハードオフで掘り出し物を探しに行くのがメジャーでしたが、現在はネットで仕入れできます。

特定の分野に精通している方は、商品の相場が分かるというメリットもありますので、挑戦してみる価値アリますよ。

ただ、仕入れた商品が売れなかった場合、赤字となってしまうことを忘れてはいけません。

赤字を防ぐにはどんな商品に需要があり、どんな商品なら高額で売れるのか等を見極める目利きの技術が必要になります。

せどりに挑戦するなら、せどり・転売のコツを公開しているブログをチェックして、知識を付けてからにしましょう。

翻訳

翻訳

英語・中国語・韓国語が理解できるなら、翻訳で稼ぎましょう。

僕の友達はココナラを利用して、月8万円ほど稼いでいました。

僕は英語がダメダメなので、この副業は断念しましたが、外国語ができるならこれほどオススメしたい副業はありません。

大学生の課題
ビジネス文書
海外のニュース記事

上記のように、活躍の場は多いので需要があります。

翻訳で稼げるサービスは、下記のとおり。

・ココナラ
・クラウドソーシング

ハンドメイド

ハンドメイド

アクセサリーやキャンドルなどの雑貨が作れるなら、ハンドメイドもオススメ。

ハンドメイド商品を購入する年齢層は、20代~30代の女性が中心ですので、いかに女性の心に刺さる商品を作れるかがポイントですね。

売り上げはピンキリですが、ハンドメイド作家のマル子さんは月100万円以上も売り上げています。

(マル子さんのブログはこちら)

これだけ聞くと「めっちゃ稼げるやん!」と思ってしまいますよね。

しかし、現実は甘くありません。

ハンドメイドで月3万円も稼げていない人は、全体の8割を占めているという厳しいデータが出ています。

ポジティブに考えれば、10人に2人は副業レベルくらいは稼げているという事になりますので、モノ作りが好きな方は挑戦してみてください。

ハンドメイド商品を売れるサービスは、下記のとおり。

・ヤフーオークション
・minne
・Base

ヤフーオークション

Yahoo提供しているヤフーオークション。

誰でも利用することができ、日本最大級の規模を有しているため、商品が落札されやすいです。

昔は、プレミアム会員にならないと商品を出品できなかったのですが、現在は誰でも出品できるようになりました。

ヤフーオークション内に「ハンドメイド作品」というカテゴリーが用意されていますので、出品カテゴリーに迷う心配もありません。

minne

ハンドメイド作品専用のオンラインマーケット。

テレビ番組で紹介されたことがあり、知名度がぐっと上がりました。

ただ、販売されている商品はハンドメイド商品ばかりですので、自分の商品をアピールする努力が必要になります。

Base

Baseは、無料でオンラインネットショップを開設できるサービスです。

上記の2つに比べると、少し知名度が低いですね。

ネットショップを開設できるサービスはいくつかありますが、無料で開設できるサービスはSTORES.jpを除けばBaseのみ。

「ネットショップを開設」という言葉を聞くと難しく感じますが、ユーザーがやることはBaseの登録するだけです。

とても簡単にネットショップが開設できるのは、すごいですよね。

テープ起こし

テープ起こし

テープ起こしは、講演や座談などの録音されたデジタル音声を文字に書き起こす仕事です。

在宅副業の中では歴史が古く、昔からある副業ですね。

かなり地味な副業ですが、スキルのない方でも始められるため、今でも廃ることなく生き残っています。

コツコツした作業が苦にならない方は、挑戦してみる価値アリですね。

まとめ:自分に合った副業を始めよう!

今回は「引きこもりでも稼げる在宅副業」を紹介しました。

紹介した副業をまとめると、下記のとおり。

・Webライティング
・ブログ運営
・Youtuber
・情報商材
・電子書籍
・プログラミング
・イラスト作成
・LINEスタンプ
・せどり・転売
・翻訳
・ハンドメイド
・テープ起こし

当記事で伝えたいことは、引きこもりでもスキマ時間で副業ができるということです。

現在はインターネットを使用すればお金を稼げる時代ですので、自分に合った副業を探してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA