学歴コンプレックスで悩む必要がない3つの理由【克服方法も紹介】

学歴コンプレックスで悩む必要がない3つの理由【克服方法も紹介】

「妥協して日東駒専に入学したけど後悔している」

「Fラン大学に入学した」

「高卒だけど大卒の人が羨ましい」

「職場の同僚が学歴でマウントをとってくる」

などなど、上記のような学歴コンプレックスに悩まされている人は多いのではないでしょうか?

しかしハッキリ言って、学歴コンプレックスに悩む必要なんて全くありません。

悩めば悩むほど精神的に参ってしまうので、気にしないようにする考え方を変えていく必要があります。

当記事では「学歴コンプレックスで悩む必要がない3つの理由」「学歴コンプレックスの克服方法」について紹介していきます。

この記事を読んで1人でも精神的に救われれば嬉しいです。

学歴コンプレックスで悩む必要がない3つの理由

学歴コンプレックスで悩む必要がない3つの理由

僕が学歴コンプレックスで悩む必要がないと考える理由は、以下の3つです。

・学歴よりも仕事ができる方が重要
・学歴を気にしているのは自分だけ
・人間の価値は学歴では決まらない

順に紹介していきます。

学歴よりも仕事ができる方が重要

学生時代は他人の学歴と比較してしまいがちですが、社会に出れば学歴よりも仕事ができるかの方が重要になってきます。

なぜなら、どれだけ学歴が良くても仕事ができないなら会社の利益にはならないからです。

経営者の視点で考えてみてください。

「高学歴だけど仕事ができない人」「低学歴だけど仕事ができる人」なら、あなたはどちらの人材を採用しますか?

十中八九「後者」ですよね?

確かに低学歴だと同僚と比べてしまいがちですが、はっきり言って同じ会社に勤めている以上は”誰であろうと対等な立場”にあります。

そもそも、高学歴の人が入社できた会社にあなたが入社できている時点で、あなたは優秀と言えるでしょう。

繰り返しになりますが、学歴よりも仕事ができる方が重要です。

学歴を気にしているのは自分だけ

ぶっちゃけ、学歴を気にしているのは自分だけであることが多いです。

実際、ゼロではないとは思いますが「お前〇〇大学なんだw」と煽られるようなことってかなり少ないはずです。

たとえ煽る人がいたとしても、自分を棚に上げて他人を見下すようなやつは人間としての底が知れていますし、気にする必要はありません。

もし煽ってくる人がいたら「〇〇大学卒業しているのに僕と同じ会社に就職したんですねw」と言ってやりましょう。

何も言い返せませんよ。

繰り返しになりますが、学歴なんて気にしなくても大丈夫です。

人間の価値は学歴では決まらない

そもそも、人間の価値は学歴では決まりません。

今の日本ではかなりの低学歴といえる中卒の人だって、多くの人が世の中で活躍しています。

例えば、

・小栗旬
・藤原竜也
・小泉今日子
・上戸彩
・佐々木希

上記の芸能人は全て中卒です。

果たして上記の芸能人の方々は、世の中から「中卒とかww」と馬鹿にされているでしょうか?

されていませんよね。

結局のところ大事なのは学歴ではなく、その人の人間性です。

スポンサーリンク

学歴コンプレックスを克服する方法

学歴コンプレックスを克服する方法

ここからは学歴コンプレックスを克服する方法を紹介します。

克服法①:メンタルを鍛える

学歴コンプレックスを克服したいなら、メンタルを鍛えるのがオススメです。

なぜなら学歴コンプレックスに限らず、人間のコンプレックスは自分のメンタルが弱いことが原因だからです。

また、

メンタルを鍛える方法は、下記の2つ。

・体を鍛える
・メンタル強化に関する書籍を読む

個人的にオススメしたいのは「体を鍛える」方法です。

理由はとてもシンプルで、体が変われば心も変わっていき自信がついていくからです。

学歴コンプレックスは、あなたにある長所よりも「学歴が低い」とい短所の方が大きいから気になるもの。

であれば、体を鍛えて自信を付けていき長所を伸ばしていけば、自然にコンプレックスは克服できます。

克服法②:仕事で評価される会社に転職(就職)する

学歴コンプレックスの克服方法として、仕事で評価される会社に就職するのもオススメです。

なぜなら、仕事で評価される会社であれば自分の働き次第で、高学歴の人を上回る役職に就くことも可能になるからです。

もちろん楽な道ではないでしょう。

しかし、良い役職に就くことができれば高学歴の人に嫉妬することはなくなりますし、自分に自信を持つことができるようにもなります。

「この会社は働いても働いても評価してもらえない…」という自覚がある人は、転職を視野に入れるべきといえるでしょう。

総務省のデータによると、8人に1人が転職を希望しているという調査結果が出ています。

近年では「」や「」などの転職エージェントが普及してきていますので、転職のハードルは非常に低くなってきています。

今の会社があなたの実力を評価してくれないのなら、転職するのは賢い選択でしょう。

克服法③:難易度の高い資格を取得する

難易度の高い資格を取得するのもオススメです。

なぜなら、取得した資格をきっかけに給料の高い職業に就職(転職)することができるからです。

例えば、難易度の高い資格に「公認会計士(国家資格)」がありますが、取得することができれば会計士・税理士になれる可能性が高くなりますよね。

高学歴の人でも会計士・税理士に慣れる人はごくわずか。

学歴が気になっているなら、高学歴の人でも難しい資格を取得することができれば嫉妬するこがなくなります。

低学歴で税理士になった人がいたら馬鹿されるどころか、絶対に尊敬されますよ。

克服法④:いっそのこと目当ての大学に入学する

これは高卒の人にしかできませんが、いっそのこと目当ての大学に入学するのもアリです。

ハッキリ言って克服法の中では一番大変です。

しかし、学歴コンプレックスの根本的な原因である学歴を変えることができるので、確実にコンプレックスは解消されます。

社会人が大学に通う方法は、以下の2つ。

・会社を辞めて大学に入学する
・夜間部や通信制の大学に入学する(会社と大学の掛け持ち可能)

前者はかなりの貯金がないと厳しいですね。

後者は会社との掛け持ちが可能ですが、体力的な厳しさがあります。

本当に大学に通うことが自分のためになるのかをよく考えてから、入学するのが良いでしょう。

まとめ

当記事では「学歴コンプレックスで悩む必要がない3つの理由」「学歴コンプレックスの克服方法」について紹介しました。

冒頭で言ったとおり、学歴を気にする必要なんてありません。

しかし、それでも気になるという人もいますよね?

もし学歴コンプレックスが気になるという場合は、当記事で紹介した克服法をぜひ試してみてください。

学歴コンプレックスを抱えていても良いことなんて1つもありません。

できるだけ早く克服しましょう!