【ドコモの料金高すぎ】楽天モバイルにしたら6000円の節約になった話

【ドコモの料金高すぎ】楽天モバイルにしたら6000円の節約になった話

通信キャリアでドコモを利用している人なら「スマホ料金が高すぎる!」と感じたことがありますよね?

実際、僕も料金が高いように感じたので1年前に楽天モバイルへ切り替えました。

その結果、現在はスマホ料金を6000円も節約することができています。

当記事では「ドコモから楽天モバイルに切り替えて感じたこと」や「1年使って分かった楽天モバイルのメリット・デメリット」を紹介していきます。

・ドコモから楽天モバイルに乗り換えようと思っている
・楽天モバイルの使用感を知りたい
・楽天モバイルにどんなメリットがあるのか知りたい

上記のような人はぜひご覧ください。

ドコモから楽天モバイルに切り替えたて感じたこと

僕がドコモから楽天モバイルに切り替えたて感じたことは、以下の3つ。

・スマホ料金が6000円も安くなった
・スマホの使い勝手が変わらなかった
・楽天ポイントが貯まりやすい

順に紹介していきます。

スマホ料金が6000円も安くなった

記事冒頭で紹介したとおり、楽天モバイルに乗り換えたらスマホ料金が6000円も安くなりました。

 

楽天モバイル引き落とし

左はドコモから引き落としされたときの通帳画像、右は楽天モバイルのご利用明細の画面です。

ドコモからは8285円も請求されていますが、楽天モバイルからは1630円しか請求されていません。

つまり、細かい数字で言うと6655円も安くなっていることになります!

ゲームソフト1本分くらいでしょうか。

楽天モバイルに乗り換えるだけで、こんなに変わるとは思っていませんでしたね…

スマホの使い勝手が変わらなかった

楽天モバイルは、いわゆる格安SIMです。

安さの代償としてある程度はスマホの使い勝手が悪くなることを覚悟していたのですが、意外にもスマホの使い勝手は変わりませんでした。

・ソーシャルゲーム
・SNSの利用
・インターネットで検索

僕が利用するのは上記ぐらいですが、特に問題なく動いています。

「ドコモを利用していたとき」「楽天モバイルを利用しているとき」の使い勝手も変わらないということは、どちらを利用しても生活レベルは下がらないということ。

これなら、あえてドコモを利用する理由なんてありません。

ただし、回線が混雑しやすい昼間は少し接続が不安定になることはあります。

昼間にスマホを利用するときは、Wifi環境下で行うべきですね。

楽天ポイントが貯まりやすい

楽天モバイルを利用すると明らかにポイントが貯まりやすいです。

なぜなら、楽天モバイルの請求を楽天カードで支払うと、2重でポイントを貯めることができるからです。

例えば楽天モバイルで1500円の請求があったとして、これを楽天カードで支払ったとしたら、合計30ポイントも貯まるということになりますね。

僕は楽天経済圏で生活をしていますので、ほぼ放置の状態で勝手にポイントが入るのはとても嬉しかったですね。

1年使ってわかった楽天モバイルのメリット

good

1年使ってわかった楽天モバイルのメリットは、以下の3つ。

・とにかく安い
・最大1Mbpsの低速モードが使い放題
・楽天ポイントで支払うことができる

順に紹介していきます。

とにかく安い

僕が契約したプランは「スーパーホーダイSプラン」ですが、料金は1480円(2年目以降2980円)です。

ドコモ・ソフトバンク・auの三大キャリアと比較するまでもなく、圧倒的に安いことがわかりますね。

これは僕の例ですが、2年目以降の金額で計算したとしても年間36000円ほど安くなります。

「スマホ料金が高いなぁ」と日ごろから感じている方は、楽天モバイルにに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

最大1Mbpsの低速モードが使い放題

僕のプランでは月2GBしか使えないのですが、楽天モバイルはギガ数を使い切っても最大1Mbpsの低速モードが使い放題なんです!

現在は楽天モバイル以外の格安SIMだと、ギガ数を使い切ったら200kbpsほどしか使えないものが多いのが現状。

1Mbpsもあればサイト閲覧やSNSは問題なく利用できますので、ゲームをやりまくる人でなければ十分な速度でしょう。

楽天ポイントで支払うことができる

楽天モバイルの料金は、楽天ポイントで支払うことができます。

もしかしたら気づいた人がいるかもしれませんが、実際先ほど紹介した楽天モバイルのご利用明細の画面では”料金の一部”を楽天ポイントで支払っています。

ご覧の通り501円をポイントで支払っていることがわかりますよね。

また、僕は楽天市場で開催される「お買い物マラソン」に定期的に参加しているため、1ヶ月で4000ポイントくらい貯まるときがあります。

こういう月は…

上記のように、楽天モバイルの料金1630円を全額ポイントで支払っています。

つまり実質0円です!

これらのことから、楽天モバイルの請求料金を楽天ポイントで支払うことができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

スポンサーリンク

1年使ってわかった楽天モバイルのデメリット

bad

1年使ってわかった楽天モバイルのデメリットは、以下の2つ。

・やや通信速度が遅い
・楽天経済圏で生活しないと恩恵が少ない

順に紹介していきます。

やや通信速度が遅い

楽天モバイルは、やや通信速度が遅いです。

遅いといってもゲームやSNSを利用する分には問題ありませんが、回線が混雑しやすい昼間は少し接続が不安定になることはあります。

通信速度を意識するなら「ワイモバイル」「UQモバイル」の方がオススメですね。

楽天経済圏で生活しないと恩恵が少ない

先ほど紹介しましたが、楽天モバイルの料金は楽天ポイントで支払うことができます。

しかし、これができるのは楽天関連のサービスを頻繁に利用している人くらいなので、楽天経済圏で生活していない人には恩恵が少ないですね。

楽天モバイルを利用するメリットを最大限に発揮できないという意味では、恩恵が少ないのはデメリットと言えるでしょう。

楽天モバイルのオススメプランは?

私の契約している「スーパーホーダイ」は4種類のプランに分かれるのですが、新プラン「Rakuten UN-LIMIT」の登場により新規受付が終了しています。

そのため、現在は「Rakuten UN-LIMIT」の1プランのみしか契約できません。

しかし落ち込む必要はありませんよ!

「Rakuten UN-LIMIT」はスーパーホーダイの上位交換にあたるプランですので、楽天モバイルに乗り換えるつもりならこのプランでOKです。

しかも「1年間プラン基本料金」のキャンペーンを行っているため、乗り換えるなら今がチャンスと言えるでしょう。

ドコモから楽天モバイルに乗り換える注意点

楽天モバイルに乗り換える際の注意点を紹介します。

主な注意点は、以下のとおり。

・ドコモのメールアドレスが使えなくなる
・更新期間外だと違約金を取られる
・ドコモ安心スキャンが使えなくなる

順に紹介していきます。

ドコモのメールアドレスが使えなくなる

楽天モバイルに乗り換えたあとは「〇〇@docomo.ne.jp」というドコモメールアドレスが利用できなくなります。

そのため、ドコモのメールアドレスを主要サイト・サービスに登録している場合は、別のメールアドレスに変更しておきましょう。

オススメのメールアドレスは下記の2つ。

・Gmail
・Yahooメール

どちらも無料で作成できるので、持っていない方は作っておくことをオススメします。

更新期間外だと違約金を取られる

ドコモなどの大手キャリアは契約期間が設けられており、この期間外に楽天モバイル変更乗り換えてしまうと、違約金を取られてしまいます。

とはいえ違約金は1000円なので、今すぐ乗り換えた方が節約になるため気にしなくて大丈夫です。

契約更新期間は「マイドコモ」から確認できます。

※2019年9月30日までに「ギガホ」「ギガライト」に契約している場合、9500円の違約金を取られます。

ドコモ安心スキャンが使えなくなる

ドコモ安心スキャンが使えなくなる

ドコモのオプション「あんしんセキュリティ(月額200円)」に契約している方は、ドコモ安心スキャンが利用できなくなってしまいます。

ドコモ安心スキャンが利用できなくなると、ウイルスや危険Wifiを感知できなくなり、クレジットカード情報が抜き取られる可能性が高くなりますので注意してください。

無料版のウイルスソフトでも構いませんが、安全性を重視するならウイルスバスターがオススメです。

不安な方は導入しておきましょう。

まとめ

当記事では「ドコモから楽天モバイルに切り替えて感じたこと」や「1年使って分かった楽天モバイルのメリット・デメリット」を紹介しました。

日ごろからスマホ料金が高いと感じているのであれば、この機会に乗り換えてみてください。

収入を増やしてお金を増やすのは難しいですが、支出を減らしてお金を増やしていくのは簡単ですよ。