音声SNS「Clubhouse」とは?招待してもらう2つの方法を紹介

音声SNS「Clubhouse」とは?招待してもらう2つの方法を紹介

ここ最近では「Clubhouse」というSNSが話題になっていますよね。

しかし、一体どんなSNSなのか分からなかったり、どうやって登録するのか分からない人も多いのではないでしょうか?

当記事では、SNS「Clubhouse」の内容と招待してもらう方法について紹介していきます。

・ClubhouseがどんなSNSなのか知りたい
・Clubhouseに招待されたい
・Clubhouseを利用するときの注意点を知りたい

上記のような疑問がある方は、ぜひご覧ください。

音声SNS「Clubhouse」とは?

Clubhouseとは、一言でいうと音声のみでやり取りを行うチャットSNSです。

世間では音声版Twitterと言われていますね。

2021年1月から凄まじい盛り上がりを見せており、著名人やインフルエンサーなどが次々と登録しています。

現在はIOSアプリのみ配信となっているため、AndroidユーザーはClubhouseを始めることができません。

Androidユーザーは対応されるのを気長に待ちましょう。

最大の特徴は招待制

Clubhouse最大の特徴は、誰かから招待してもらわないと登録できない「招待制」であるということです。

つまり、自分がどれだけ始めたくてもClubhouseユーザーから招待してもらわないと登録できないということですね。

ユーザーに与えられている招待枠は2枠しかないため、無制限に友達を招待することはできません。

そのため、2021年1月の段階では招待枠の取り合いが起きています。

Clubhouseは「話す」か「聞く」の2つだけ

Clubhouseは、Twitterのような文字のやり取りは一切ありません。

やり取りは音声だけで完結し、できるのは「話す」か「聞く」の2つだけです。

話したい人はアプリ内でルームを立て、その中で音声で会話します。

そして、その会話を聞きたい人はルームに参加するという流れになります。

Clubhouseに招待してもらう2つの方法

先ほど紹介したとおり、Clubhouseは招待制なので誰かに招待してもらわなければなりません。

ここからはClubhouseに招待してもらう2つの方法について紹介します。

・Twitterでアピールする
・Clubhouseの招待枠を購入する

主な方法は上記の2つです。

順に紹介していきますね。

Twitterでアピールする

1つ目は、Twitterで「Clubhouseに招待してほしい」という趣旨の投稿してアピールするという方法です。

この方法であれば、投稿を見たフォロワーから招待してもらえるかもしれません。

ただ、これだとフォロワーの人の目にしか触れませんので、ハッシュタグを付けて多くの人に投稿を見てもらえるようにしましょう。

おすすめのハッシュタグは以下の4つです。

#Clubhouse
#Clubhouse招待
#Clubhouse難民
#Clubhouse招待してください

これらのハッシュタグを付けて、Twitterで投稿することで多くの人に見られる可能性が高くなります。

Clubhouseの招待枠を購入する

Clubhouseの招待枠をメルカリで販売している人がいるため、どうしても始めたい場合はそこで購入するというのも1つの手です。

価格は3000円~8000円くらいですので、決して安くはありません。

メルカリで購入するのに抵抗がある場合は、残念ながらClubhouseがミクシィのように一般公開されるのを待つしかありませんね。

Clubhouseを利用するときの注意点

クエスチョンマーク

Clubhouseを利用するときの注意点は、以下の2つです。

・実名登録しなければならない
・18歳未満は利用できない

順に紹介していきます。

実名登録しなければならない

Clubhouseはガイドラインによって、実名登録しなければならないと定められています。

現状、ニックネームで登録している人が多いため直ぐにアカウントBANされないとは思いますが、本来は実名登録する必要があることを念頭に置いておきましょう。

18歳未満は利用できない

Clubhouseは18歳未満は利用できません。

これもガイドラインによって定められています。

Clubhouseには本人確認する機能がないため利用自体は可能ですが、トラブル防止のためにも18歳未満は利用しない方が賢明でしょう。

まとめ:現状は招待してもらわないと利用できない

当記事では、音声SNSアプリ「Clubhouse」について紹介しました。

Clubhouseは招待制なので、誰かに招待してもらわない限り登録することはできません。

まずは友達などに招待枠が余ってないか確認してもらい、ダメならSNS等でアピールしていくのが良いでしょう。

最終手段は「メルカリで招待枠を購入する」という方法ですが、それなりのコストが掛かるため注意が必要です。