【新入生向け】元ぼっちが語る大学入学後に友達を作る4つのタイミング

どうも、みくろです。

今回の記事では「大学入学後に友達を作る4つのタイミング」について、紹介したいと思います。

入学してから1年間ぼっちだった経験がある僕が、「ここで友達を作っておきたかった!」というタイミングについてまとめてみましたので、参考程度にどうぞ。

オリエンテーション

大学入学後すぐに行われるのがオリエンテーションです。

オリエンテーションでは、時間割の組み方履修登録方法などの大学生活で必要な知識を教えてもらいます。

新入生歓迎会の前に行われるということもあって、友達ができていない人は多い印象を受けました。

ここが友達を作る最初のチャンスになるのですが、受け身はNGです。

受け身のままだと、何も起こらないままオリエンテーションが終わってしまいます。どんな理由でもいいので、勇気を出して話しかけてみましょう。

話しかける理由としてオススメなのは「オリエンテーションの説明で分からなかったこと」です。

例えば、「履修登録の方法ってこういうことかな?」「時間割の組み方ってこれで合ってる?」などですね。

実際、こういった理由で話しかけている生徒はいました。

僕が勇気を出して話しかけてさえいれば、気の合う友達ができていたかもしれないのに、、、と少し後悔しています。

みくろ

因みに、新入生歓迎会後にオリエンテーションが行われるケースがあるので注意が必要ですよ!

新入生歓迎会

大学入学後の最初の大きなイベントは「新入生歓迎会」です。

新入生歓迎会の内容は大学によって異なり、「ビンゴ大会」「軽音楽サークルによる演奏」「大学に泊まる合宿」など様々です。

無料で食事が提供されるため、ただ飯を食べにくる学生も多く、話しかける機会は結構多いですよ。

僕の経験上の話ですが、ここで友達を作っておかないと3~4人のグループが形成され始めるので、話しかけづらくなります。

まぁ、僕は友達作りに失敗したんですけどね。(敗北者)

敗北者の僕からすると、新入生歓迎会に1人で来ている人は、友達を作りに来た自分と同じ立場である可能性があるので、勇気を出して話しかけることをオススメします。

みくろ

ハァ…ハァ… 敗北者……?
大学の新入生歓迎会とは?参加するメリット・デメリットを紹介

部活・サークル

部活・サークルは強制参加ではありませんが、友達を作る絶好の機会です。

入学式から数週間は部活やサークルの勧誘が行われますので、キャンパス内でビラを配っている上級生から貰っておきましょう。

パンフレットには載っていない情報があったり、上級生に部活やサークル内の雰囲気を直接聞くこともできます。

僕が1年生の時は、めんどくさいという理由で入部(参加)しませんでしたが、ぼっちのまま過ごす危機感を感じて2年生から卓球部に参加しました。

そこから共に講義を受ける友達を2人作ることができたので、興味がある部活・サークルがあったら、入部(参加)した方がいいです。

嫌な先輩がいたら辞めればいいだけですからね。

みくろ

部活動・サークルは気の合う友達が作りやすい環境です!

必修科目の講義

大学では学部ごとに必修科目が設定されており、大抵の新入生は1年生の前期に必修科目を履修します。

そのため、1人で講義を受けている学生に話しかけるチャンスになります。

新入生歓迎会後だと思いますが、まだまだ1人で受けている生徒は多いですよ。

はい、言わなくてもわかります。

チャンスがあっても、話しかけづらいですよね。

そういう場合は、「この講義ってこの教室であってる?」「前回の講義休んでいたから、ノートを見せてほしい」といった理由で、さりげなく話しかけることをオススメします。

話しかけるハードルが下がりますし、変に怪しまれることもありません。

みくろ

「なんだコイツ」と思われないように話しかけましょう

おまけ:LINEグループは意味がない

入学後の新入生歓迎会でLINEグループが作られることがあります。

自分だけ入っていないと焦りを感じるかもしれませんが、LINEグループはあまり意味がありません。

グループに入っても、会話に参加するのはごく一部の人のみで、大体の人は既読無視が基本です。

高校のときも似たようなグループがあったと思いますが、グループ内の人全員が会話に参加していることなんてなかったはずです。

僕自身、会話に参加したことなんてありませんでしたし、全18人のグループで会話していた人なんて5人くらいでした。

「LINEグループに入り損ねた…どうしよう…」なんて考えている方は安心していいですよ。

みくろ

LINEグループは入る価値なし!

最後に

いかがでしょうか。

この記事を執筆している最中に、改めて「ああ…勇気を出して行動しておけば…」と公開しました。

こんな後悔を皆さんにしてほしくないので、勇気を出して話しかけた方がいいと思います。

ではでは、また次に記事でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA