【稼げないブロガー向け】ブログで稼げるまでは「Webライター 」で稼ごうという話

ブログで稼げるようになるまでは「Webライター 」で稼ごうという話【稼げないブロガー向け】

どうも!Webライターをしている、みくろです。

近年、ブログアフィリエイトで稼ごうとしている人が増えていますが、ほとんどの人が5万円も稼げていないのが現実。

それこそ、レンタルサーバー代金を回収することすらできていないブロガーがほとんどです。

このような厳しい現実を知って、ブログを辞める方が後を絶ちませんが、これは非常にもったいない。

せっかく挑戦したのですから、ブログを継続しつつ、ブログで得たスキルを他のことで活かして稼ぐべきです。

では、何に活かすべきなのか?

答えは非常にシンプルで、「Webライター」で稼ぎましょう。

ブログを書いたことのある人は、世の中にはほとんどいませんし、ブログ記事を執筆して得たライティングスキルは強力な武器になりますよ。

しかし、「ブログはやっているけれど、ライティングスキルなんてないよ?」という意見もありますよね。

大丈夫。僕もあなたと同じように、ライティングスキルが無い状態からWebライターを始めました。

その結果、現在はクラウドワークス公認のプロライターとして活動しています。

また、ライティングスキルが無かったとしても、ブログ記事はポートフォリオとして利用できるため、これを利用しない手はありません。

当記事では、ブログで稼げるようになるまでは「Webライター 」で稼ごうというテーマでお話ししていきます。

・ブログで稼げなくて挫折しそう、、、
・レンタルサーバー代金も回収できていない

上記のような方は、ぜひご覧ください。

ブログで稼げるようになるまでは「Webライター 」で稼ごう

ブログで稼げるようになるまでは「Webライター 」で稼ごう

繰り返しになりますが、ブログで稼げるようになるまでは「Webライター 」で稼ごうというのが僕の意見です。

主な理由は、下記の通り。

・ブログと違い即金性が高い
・ブログで得たスキルを活かしやすい
・ライティングスキルが向上する
・Webライターで得た知識・経験をブログで発信できる

順に紹介していきます。

ブログと違い即金性が高い

Webライターはブログと違って「即金性が高い」のが特徴です。

ブログは、

1.Wordpressなどでブログを開設
2.記事を執筆
3.検索エンジンに評価されるまで待つ
4.SNSや検索エンジンから集客
5.収益発生

ざっと上記のような感じで、収益を発生させていきます。

収益が発生するまで早くて3か月〜半年、順調に進んだとしても1年は掛かるのが一般的ですね。

僕の体感ですが、収益発生にたどり着くまでに、8割くらいの人は挫折します。

実際、僕は3回くらい挫折しました。

このように、ブログはアフィリエイト&アドセンスで稼げるようになるまで、かなりの時間と労力が掛かりますし絶対に楽ではありません。

挫折しないで稼ぐことができるのは、ひと握りの才能ある方のみでしょう。

それに対して、Webライターは

1.クラウドソーシングに登録
2.クライアントの募集している案件に応募
3.採用後に記事を執筆
4.収益発生

このような過程で収益を発生させていきます。

ご覧の通り、ブログに比べると収益発生までのハードルがかなり低いことが分かりますよね。

まず、検索エンジンに頼らないというのが大きい。

ブログは検索エンジンに評価されるまで時間がかかりますので、どうしても収益の発生が遅れてしまいますが、Webライターには関係ありません。

Webライターは、クライアントが提示する内容に合わせて記事を執筆していくため、すぐに収益が発生します。

ライティング初心者でも、初月5万円は現実的に目指せる数字ですよ。

ブログで記事を執筆した経験のある方なら尚更です。

ブログで得たスキルを活かしやすい

ブログで得たスキルは、Webライターでも活かしやすい。

例えば、あなたが脱毛系のブログを運営していて、美容系のライティング案件に応募したとしましょう。

この場合、クライアントに「ああ、この人は美容系ジャンルの記事が得意そうだな」という印象を与えることができます。

クラウドソーシングでは、案件に応募しても採用してもらえなければ意味がありませんし、採用される人数は限られますので、用意された席を確実に座れるようにしなければなりません。

「ブログを運営している」という事実だけでも、イス取り合戦を制するには十分な武器になりますよ。

また、記事の冒頭でも触れましたが、ブログはポートフォリオとしても利用できます。

ポートフォリオとは
Webライターとしての実績をまとめたもの。様々な業界によって使用され、それぞれ意味合いが違う。

ポートフォリオを用意しているライターは意外と少ないので、他のライターと差別化できますよ。(ポートフォリオを要求するクライアントもいるが、、、、)

クライアントからすれば、ブログ見て応募してきたWebライターのクセや特徴を知ることができるため、ブログは大きなアドバンテージになります。

案件に応募する際は、自身の運営しているブログを提示しましょう。

ワードプレスを利用できると有利

ちなみにですが、ブログ運営にワードプレスを利用している方ならもっと有利になりますよ。

クラウドソーシングでお仕事をしていると、クライアントから「執筆した記事はワードプレスに直接投稿してください」と頼まれることがあります。

ワードプレスを利用できるライターは、使い方の説明をする手間が省けますので、クライアント側からしたら有難いわけですね。

繰り返しになりますが、ワードプレスを利用できると応募する際にちょこっと有利になります。

ライティングスキルが向上する

個人的に最高のメリットだと思っているのが、ライティングスキルが向上するということ。

これは僕が経験したことですので、まず間違いありません。

というのも、クライアントと契約してお仕事を進めていくと、ほぼ必ずマニュアルを読まされるからです。

内容はクライアントによってまちまちですが、

・ですます調で書いてください!
・文章のどこかに必ず箇条書きを入れてください!
・「〜だと思います」という表現はNGです!
・H2タグにはサジェストキーワードを入れてください!

こんな感じで、条件を指定してくるものが多いです。

中には、どのようにキーワードを選べば上位表示されやすいのか、どのように書けばユーザーは文章を読んでくれるのか、などの知識が手に入る場合もあったりします。

簡単に言えば、ブログ運営について学べる教科書のようなものですね。

これを見て「ちょっと難しそうだな、、、」と思う方がいるかもしれませんが、いざ執筆していくと少しづつ慣れてきますよ。

そして、Webライターとして数万円くらい稼げるようになった頃には、文章を詰まらせずに書けるようになっているはずです。

もちろん、成長速度の違いはありますが、絶対にライティングスキルは上がりますよ。

これは僕が保証します。

Webライターで得た知識・経験をブログで発信できる

Webライターで得た知識・経験は、ブログで発信することができます。

例を上げれば、この記事がそうですね。

「ブログで稼げないなら『Webライター 』で稼ごうという話」という記事は、僕がWebライターを経験して生まれたものです。

また、当ブログで発信している内容の中には、Webライターを始めてから得た知識を元に作成しているものが数多くあります。

僕を含めた初心者ブロガーは記事のネタが切れやすいので、記事ネタを発掘できるWebライターは挑戦する価値アリですよ。

スポンサーリンク

おすすめのクラウドソーシングサービス

おすすめのクラウドソーシングサービス

世の中には様々なクラウドソーシングサービスがありますが、個人的にオススメしたいのはクラウドワークスです。

僕が最も利用しているクラウドソーシングサービスですね。

オススメする理由はとても単純で、ライティングの案件が多くて支払いシステムも充実しているから。

そもそも、ライティング案件の母数が少ないと良い案件に巡り会う可能性が低くなってしまうため、案件の量は重要です。

今回は参考として、ライティング案件数をクラウドワークスとランサーズで比較してみました。

※下記のデータは2019年10月25日のものです。

サービス名 案件数
クラウドワークス 1342件
ランサーズ 505件

時期によって案件数は上下しますが、基本的にクラウドワークスの方が多いです。

どのクラウドソーシングサービスにするか迷っているのなら、とりあえずクラウドワークスを登録すれば間違いありません。

クラウドワークスの詳細はこちら

合わせて登録しておきたいサービス

僕が強くオススメするのはクラウドワークスですが、その他にも優秀なクラウドソーシングサービスがありますので合わせて登録しておきましょう。

合わせて登録しておきたいサービスは、下記の2つ。

・ランサーズ
・サグーワークス

ランサーズ

クラウドソーシングサービスの中では、最も歴史が古い。

クラウドワークスには無い案件があったりしますので、登録しておくことをオススメします。

ランサーズの詳細はこちら

サグーワークス

2012年にサービスを開始したクラウドソーシングサイト。

報酬がポイントで加算され、「1ポイント=1円」で現金やドットマネーと交換できます。

ライティングはそこまで多くありませんが、ランサーズと同様にクラウドワークスにはない案件があったりします。

クラウドソーシングサービスは、いくつ登録しても損することがありませんので、上記の2サービスは登録しておくことをオススメします。

サグーワークスの詳細はこちら

まとめ:ブログに挫折しそうなときは「Webライター」に挑戦しよう

当記事では、ブログで稼げるようになるまでは「Webライター 」で稼ごうというテーマでお話ししました。

くどいですが、ブログで稼げるようになるまで時間が掛かりますので、安定して稼げるようになるまではWebライターで稼ぐことをオススメします。

ブログで稼げないからといって、諦めるのはもったいないですよ。

せっかくブログを書くスキルがあるのですから、それを最大限に活用しましょう。

Webライターとして活動すれば、ブロガーしても箔が付きますので、ぜひチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA