【高校生必見】大学生活で必要なもの・便利なものを全て紹介

どうも、みくろです。

当記事では「大学生活で必要なもの・便利なもの」を紹介していきます。

大学が決まった高校生の方で、「大学生活で何が必要なのか分からない!」と思った方は多いですよね。

実際、僕も当時はかなり悩みました。

当記事を読めば、大学生活では何が必要なのか、何があれば便利なのかが分かりますよ。

現役大学生の僕が「これはあった方がいいな」と思ったものをピックアップしましたので、そこそこ信ぴょう性があるのではないでしょうか?

・大学に入学するけど、何が必要なのか分からない
・とりあえず、大学生活に向けて準備を始めたけど必要なものを再確認したい

上記のような方は、ぜひご覧ください。

大学生活で必要なもの・便利なもの

さっそく、大学生活で必要なもの・便利なものを紹介していきます。

大学生活で必要なものは、下記の通り。

・A4ファイル

・ホチキス

・ルーズリーフ

・ボールペン

・モバイルバッテリー

・USBメモリ

・手帳/スケジュール帳

・書籍

順に紹介していきます。

A4ファイル

大学生活において、A4ファイルは絶対に必要。

大学の講師にもよりますが、教科書を使用せずにプリントやレジュメを配って講義を進める方がいます。

そういった場合、必然的にプリントなどがたまりやすくなるので、それらをまとめるA4ファイルは必須です。

高校生の時から使っている方はそのままで構いませんが、使っていない人は必ず用意しましょう。

講義別にA4ファイルを分けると、プリントやレジュメがバラバラになりにくいので便利ですよ。

A4ファイル
使用頻度
(5.0)
重要度
(5.0)
値段
(5.0)
総合評価
(5.0)

ホチキス

配られたプリントのページの前後が逆になったり、紛失してしまうのを防ぐためにホチキスがあるとグッド。

ちなみに、ホチキスの止める位置は決まっていて、横書きは「左」に縦書きは「右」に止めるのが常識です。

恥ずかしながら、僕は大学に入学するまで知りませんでした、、、

レポート提出で位置を間違えると、注意されることがありますので、覚えておいて損はありません。

ホチキス
使用頻度
(3.0)
重要度
(3.0)
値段
(5.0)
総合評価
(4.0)

ルーズリーフ

受ける講義が多いと、それに比例してノートも増えていきます。

正直、これはかさばるし面倒くさくなるだけですので、ルーズリーフを用意しましょう。

ルーズリーフであれば、かさばる心配もなくA4ファイルで管理しやすくなります。

変なこだわりがない場合、ルーズリーフの方が確実に楽ですよ。

ノートを何冊も詰めた重いバッグを持って通学していた僕が断言します。

ルーズリーフ
使用頻度
(5.0)
重要度
(5.0)
値段
(5.0)
総合評価
(5.0)

ボールペン

大学の筆記テストの氏名・学籍番号・学科は、ボールペンで書くことになる場合が多いです。

学校によっては、シャーペンを許可しているところもあるかもしれませんが、あったほうが安心です。

恐らく、紹介しなくても大体の人が筆箱に入っているのではないでしょうか?

ない場合は、安いボールペンで構いませんので、用意しておきましょう。

ボールペン
使用頻度
(2.0)
重要度
(5.0)
値段
(5.0)
総合評価
(3.5)

モバイルバッテリー

知っている方は多いと思いますが、大学の講義は90分です。

この長い講義を1から100まで聞いている生徒は、限りなくゼロに近いでしょう。

ほとんどの生徒はスマホをいじっているか、寝ているかのどちらかです。

褒められたことではありませんが、僕もその中の1人なんですけどね、、、

スマホアプリやSNSをしていると、あっという間にバッテリーが尽きますので、モバイルバッテリーを1つは常備しておいた方がいいですよ。

モバイルバッテリー
使用頻度
(5.0)
重要度
(5.0)
値段
(3.0)
総合評価
(4.0)

USBメモリ

講義によっては、WordExcelを使用して課題を提出する場合があります。

そのため、データを持ち運ぶためのUSBメモリは用意しておいたほうがいいでしょう。

データを持ち運ぶといっても、所詮はWordとExcelで作成された資料ですので、容量は2GBで十分です。

最近はラーニングプラットフォームの「moodle」を利用する大学が増えてきており、データで課題を提出する機会は増えていきます。

コンビニでも購入できますので、1つは常備しておきましょう。

USBメモリ
使用頻度
(2.0)
重要度
(3.0)
値段
(4.5)
総合評価
(3.5)

手帳/スケジュール帳

大学生になると、時間割を自分で組むようになりますので、あると便利です。

最近は、スマートフォンのカレンダーに直接書き込める機能が初期状態で備わっているので、無くても大丈夫ですが、手書きの方がいいという人は持っておいた方がいいですね。

定期的に手帳を確認する癖をつけると、アルバイトや講義のダブルブッキングを防いだり、用事や約束事を忘れることもなくなります。

手帳/スケジュール帳
使用頻度
(4.5)
重要度
(2.0)
値段
(4.5)
総合評価
(3.5)

書籍

大学の昼休みや空きコマの時間をスマホだけで乗り切るのは容易ですが、バッテリーが尽きてしまうことを考えて本を1冊持っていくことをオススメします。

今まで読書をしてこなかった僕ですが、読んでみると意外と面白いですよ。

時間を潰すことがけが目的なら、自分が楽しんで読める本でOKだと思います。

ライトノベル、推理小説、ビジネス書etc、、、

気分転換にもなりますし、何より知識が身につく楽しさを体感できます。

書籍
使用頻度
(2.5)
重要度
(3.0)
値段
(4.0)
総合評価
(3.0)

ちょっと高額なものを紹介

ここからは、高額なものを紹介していこうと思います。

詳しくは下記をご覧ください。

・ノートパソコン

・電子辞書

ノートパソコン

前述した通り、講義によってはWordExcelを使用して課題を提出する場合があります。

家のパソコンや大学の共有パソコン室で課題を進めても構いませんが、カバンからすぐにパソコンを取り出して使用できるのは何かと便利です。

講師から課題を出されるシーズンは決まっていますので、パソコン室は課題を終わらせる為に押し寄せた学生でいっぱいになりますよ。

もし、お金に余裕があるならば思い切って買ってしまいましょう。

ノートパソコン
使用頻度
(3.5)
重要度
(4.0)
値段
(1.0)
総合評価
(3.0)

電子辞書

大学には言語科目がいくつか存在します。

英語、中国語、韓国語、ドイツ語などなど、、、

こういった科目を履修する方は、電子辞書を用意しておきましょう。

電子辞書
使用頻度
(3.0)
重要度
(3.0)
値段
(2.0)
総合評価
(2.5)

最後に

当記事では、「大学生活で必要なもの・便利なもの」を紹介しました。

もっとあるような気もしましたが、そこまででしたね。

便利なものを見つけたら更新していこうと思います。

ではでは、また次の記事でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA